Blog Page

昔作ったビーズの指輪を見つけた

部屋の整理をしていたとこのことです。部屋の整理をしていると、お宝と言うかこんなもの持ってたっけと言うものを発見します。

そして、また使い始めるということもよくあるのですが、今回は缶の入れ物に昔ハマったいたビーズアクセサリーの指輪を見つけました。

本当に10年くらい前に作ったものであの時はその指輪をつけたいというより、作ることが楽しくてしょうがないといった感じだったのを思い出しました。

なのでセンスはあまり良くありません。今回も見つけたけどつけて外出することはないのだろうなと思い、ちょっと今だけつけてみようとはめてみました。すると、なんと言うことでしょう。
指が太くなってしまい指輪が入らないのでうす。昔の洋服が入らないこととかはよくありますが、まさか指が太るとは。

実はこれには原因があって、私は指を鳴らす癖があるのです。指を鳴らすと指が太くなるなどという話がありますが、これは迷信だという人もいて、直さずに今まできました。
でも、これ迷信じゃなかったのですね。

昔は手タレになれるんじゃないかと言われていたほどきれいだった私の手。どうやら手タレのアルバイトは諦めるしかなさそうです。そして昔作った指輪をつけることも。

勉強が出来ないと言われたら…

最近のニュースで、テレビで実際の学校名が使われ、放送したテレビ局が謝罪するということがあったそうです。詳しいことはわからないのですが、勉強が出来ない学校ということで、その学校の名前が使われていたとの事。その学校は生徒が侮辱されたと感じたということだそうです。

私はその脚本家さんが悪意があってその学校名を出したわけではないと思います。実際にその脚本家さんは勉強が出来ないことを悪いと言っているわけではないし、むしろそういう方に好意を感じるタイプだと作品を見ていて感じました。

しかし、いくら好意があろうが頭が悪いと言われたら、頭にくるのは当たり前です。

そこがいいところだと言われようがそう通りだろうが、頭が悪いということはそれだけ人にダメージを与えるのです。何故そんなことを私が言うのかというと、私も周りからそのように思われていたふしがあるからです。

私の場合は悪意がある場合も多々ありましたが、だから面白いなんて言われたって、その人のことを許すことはできません。

脚本家さんはそのことをよくわかっていらっしゃらないようです。分かって言っているとしたら大問題ですが、もし、このことを充分理解していないと同じようなことが起きるでしょう。

お菓子作りについて

私は趣味とストレス発散でお菓子作りを週に3回位します。私が一番好きなお菓子作りはチーズケーキです。

作り方はクリームチーズと生クリームと卵とレモン汁と砂糖と薄力粉とバターを購入して、クリームチーズを常温に戻してからバターをレンジで柔らかくしてからボールにクリームチーズとバターを入れてへらで混ぜ合わせてから生クリームと卵と薄力粉とレモン汁と砂糖を入れて玉が残らない様に混ぜ合わせます。

混ぜ合わせた物を型にクッキングペーパーをひいてその上に薄力粉をふるってその型に混ぜ合わせた物を流し込みます。オーブンレンジを180度に熱して40分焼きます。

焼きあがったらしばらくオーブンレンジの中に入れて膨らみを無くします。その後オーブンから取り出して型から皿に移してしばらく冷蔵庫で冷やします。

冷蔵庫から出して包丁で8等分にカットをして食べます。母や息子や娘は美味しいと言って食べてくれるので嬉しいです。また、先日は牛乳ゼリーを作りました。

こちらの作り方は80度に熱したお湯をボールに入れてゼリーの素を入れて良く混ぜ合わしてから砂糖と牛乳を200cc入れて型に缶詰めのフルーツを入れてその上に混ぜ合わせた物を流し込みます。冷蔵庫でしばらくの間冷やし固めます。

ゼリーは時々固まらない事があるので失敗する事が多いです。

ニキビ洗顔料の用法容量は適切に

MK 女 30代 その他 普通肌

“ニキビ用スキンケアを使っていたのにあまり改善が見られなかった思春期ニキビ。今思えばニキビ用洗顔フォームで何度も洗顔していたからだろう。なぜならニキビには皮脂が良くないと聞いていたからだ。洗顔後30分もすれば油ギッシュになるほど思春期ニキビ大フィーバー。
皮脂を抑えるニキビ用化粧水を買い足しウキウキ気分で使ってみたものの。油まみれだった肌はガサガサ肌へと変わっていった。
つまり洗いすぎにより必要な皮脂を落とし皮脂を抑える化粧水でさらに皮脂を奪ったのだ。
自分の肌を理解していないと思わぬトラブルを招くことになる。
1日2回洗顔フォームですませていたところ元のオイリー肌へと戻っていった。テカリが気になってきたら水でバシャバシャする程度に止めておく。多少のぬめりやべたつきが気になるかもしれないが、洗浄剤を使うことで皮脂を奪いさらなる皮脂が溢れてくるからだ。
そうしているうちにニキビ用洗顔フォームは使わなくなった。相変わらず油ギッシュだけど石鹸で十分対応できる。
泡立てネットでしっかり泡を立て洗顔すれば肌にも優しくさっぱりしていて気持ちが良い。
ニキビ用スキンケアを使う際は自分に合ったものを使い、洗いすぎに気を付けていただきたい。過度にケアしていないかニキビの刺激になるようなことをしていないか、自分の手がどれだけ顔に触れてるかを振り返ってみてください。”

私のアゴに出来てしまいやすいニキビ

sweet01 男 20代 会社員 敏感肌

私は幼い頃からアトピー肌なせいかとても肌が弱く気を抜くとすぐにニキビが出来てしまいます。
10代の頃はとても酷くて、汗をかきやすかったり、
ニキビというものをそこまで意識していなかったことと、
若かったこともあり対処法も知りませんでしたので
顔には必ず5箇所ほどニキビがありました。
洗顔はなるべく石鹸で行いたいと思い、ニキビ石鹸ランキングなどをチェックして
自分に合いそうな石鹸を探しました。
因みに今ではかなり肌のケアには気を付けていますのでなかなか出来にくくはなりました。
とは言いましても実は気を付けていても頻繁にニキビが出来る部分があります。
それは顔のアゴのラインです。
私が考えているニキビが出来てしまう原因ですが、
恐らく汗をかいて洗顔したとしても意外にアゴの下辺りまでは洗えていないこと、
例え洗えていたとしてもアゴについた洗顔料がしっかり流せずに残ってしまっていること、
他に元々肌が弱いこと、そしてアゴは毛が生えると剃りますので、
そこから知らずに影響してニキビが出来やすい肌にしてしまっていることなどです。
どれに関してもほんの少し気にしていれば改善出来ると思うのですが
毎日の忙しい中では意外に忘れてしまっているものなのです。
ということで、最近では洗面所に「アゴのラインに注意!」という張り紙をして
洗顔の際に絶対に忘れないようにしています。
参考にしたサイトはニキビが治る洗顔ランキングです。このサイトで良い洗顔かどうなのかを判断するようにしていました。
因みにその効果ですが、今現在顔のニキビはアゴに小さなものが一箇所あるだけですので
結果は良好だと思います。
本当に小さな心がけでニキビが出来やすい肌でも減らして、または無くしていけますので
今後も努力して綺麗な肌でいられるようにしていきたいと思います。
以上私の「アゴに出来てしまいやすいニキビ」のお話でした。